四柱推命

【四柱推命】日干って?「自分」をもっと詳しく知ってみよう

こんにちは。占い師のアラレです。

 

四柱推命って本当に難しくって、書籍を読んだりしてもよくわかんないことが多いんですよね。

伝えるのが難しいから私もなかなか四柱推命に関する記事とか、書いてなかったんです。

でも、ちょっとずつでも四柱推命ってどんなのかをみんなに知ってもらうために簡単に記事にしていこうかなあーっと思っています。

かみ砕いて説明するからちょっと情報不足になっちゃうこともあるけどそのあたりはご愛嬌!

 

アラレ
アラレ
ほんとね、アラレは四柱推命できるのに本とか読むとなんかわかりにくいなーって思っちゃうくらい難解…

 

この回で説明する日干について知れば、やりたいことを探すヒントになるかも!?

 

日干ってなんぞや?

その前に…四柱推命をする時って、生年月日を干支暦に変換する必要があります。(そして、変換したものを「命式」と呼びます)

▼命式の出し方はこちらの記事を参考にしてください

【四柱推命】命式の出し方こんにちは。占い師のアラレです。 四柱推命を自分で見る時(もちろん占い師に観てもらう時ですが)には「命式(めいしき)」というものが...

 

日干って、日柱の天干のことを指します。

ここは、あなた自身をあらわすんですね。

 

下記がアラレの命式です

 

改めて日干ってなんぞや?

日干は、天から自分に与えられた役割 です。

ここが満たされていないと、ずっと虚無感っていうか「なにやってるんだろう」とか「これって本当に自分がやりたいことなのかな?」って思っちゃう状態になります。

こういう風に生きなさいよって神様に言われている部分です。

 

アラレの場合は日干が「甲」です。

甲っていうのは「木」を意味します。

 

甲の人は、木と同じように年齢を重ねるごとに包容力がある人間に成長していきます。

でもでも、木は自分で動くことが出来ません。だから甲の人も積極的に行動するタイプではないです。

(アラレはめっちゃせわしなく動くタイプ...命式の並びで解釈が変わってしまうこともあります。このあたりはプロの占い師に聞いてみてね。ここでは基本をお伝えしています。)

木は、周囲の環境が悪ければ枯れるし、土壌が痩せていては大きくなることが出来ません。

周囲の環境に影響されやすい という特徴も持っています。

そしてそして、木というのは 鳥の寝床になったり、人々に木陰を作ってあげたり…

日干木の人は様々な人・モノが集まって安心できる環境を整えてあげるのが宿命です。

 

…とまあ、いろいろあるんですが、アラレの日干は甲です。人の役に立つ、みんなが自然と集まって来て笑顔になれる環境を整えるのが私の宿命なんですね~

 

日干の種類は?

日干は全部で10種類あります。

、癸 の10個です。

詳しい記事にリンクを貼ったので、みていって下さい〜

 

カンタンに書くと

【木】

陽:甲(きのえ)
例)樹木

→上述の通り

 

陰:乙(きのと)
例)草花

→草花と言っても、あなたが「花」なのか「穀物」なのか、はたまた「薬草」なのか「穀物」なのかは命式をみて判断します。

基本的には、乙は集団で輝く干です。協調性と柔軟性があります。

緑に覆われた草原が人々に癒しを与えるように、日干「乙」の人は人に癒しを与えるのが宿命です。

 

【火】

陽:丙(ひのえ)
例)太陽

→輝く太陽は、見返りを求めず人々にたくさんの恩恵を与えます。

生まれながら人気者になれる素質があります。人前で輝き、みんなを喜ばせることが宿命です。

 

陰:丁(ひのと)
例)人口の火(蝋燭、松明など)

→太陽のような明るさではなく、暗闇を照らして安心を与える役割です。丁の人は自道に人を支えることが宿命です。

 

【土】

陽:戊(つちのえ)
例)山

→どっしり構えて物事に対処するのが宿命です。

山なので動きは素早くないです。臨機応変な対応を求められるような仕事は苦手。

山と言っても、はげ山、森林、エベレストから富士山、小さな山までいろいろありますが、それは命式を見て判断します。

 

陰:己(つちのと)
例)畑

→畑は、いろいろな作物を作るのが使命です。

いろいろな作物が作れる=多方面な才能があります。

才能を活かして人々を幸せにすること・人を育てることが宿命です。

 

【金】

陽:庚(かのえ)
例)鉄、刃物

→ストイックで負けず嫌い。刀・刃物は鍛錬されて初めて良いものになります。

自己研鑽を続ける生き方が宿命。

 

陰:辛(かのと)
例)宝石、小さな刃物

→宝石の輝きは人を魅了します。何もしなくても人を幸せにする不思議な力を持っています。

辛の人は繊細で独自の価値観を持っています。その価値観が認められる場所で輝くことが宿命です。

 

【水】

陽:壬(みずのえ)
例)海、湖

→小さなことに固執しない。大きな心の持ち主です。

相手の失敗や欠点を認め、人の長所を伸ばすことができます。向上心を持ち続けることで人から慕われやすい。人を使って大きなことを成し遂げることが宿命です。

 

陰:癸(みずのと)
例)雨

→雨は一つ一つは小さな粒ですが、その粒が集まれば川にもなれるし、大きな災害をもたらすことにもできます。

また、恵みの雨というように人々を潤すこともできます。

日干が癸の人も、雨のように人々に安らぎ・癒しを与える存在になることが宿命です。

 

それぞれの干支はこういう性質です。

 

 

あと実際の鑑定では、上記で説明した日干だけじゃなくって産まれた季節(12支)とかも絡んできたりするので 複雑なんですよー

でも、自分の宿命が分かればなんとなーく見えてくるものってあると思います。

やりたいことない人とか、今していることが「なんか違うな」って思っちゃっている人はこういうことも参考にしながら本当にやりたい仕事・事を探していきましょう!

 

▼手相から適職を探す記事も書いてますので是非〜

【手相】手をみるだけで、適職がわかっちゃうって本当!?こんにちは。占い師のアラレです。 私は、四柱推命・数理・手相を使って占いをしているのですが、今回は手相を使って自分に向いて...

▼でもまあ、やりたいことを仕事にできていなくても案外幸せだっていう記事

好きなこと、やりたいことで稼いでいない人は不幸なのか?こんにちは。アラレです。 やりたいことで稼いでる人ってキラキラしててなんだかうらやましいな。それに比べて自分は…と思うことありませ...

 

今日はここまで!

 

アラレでした