四柱推命

四柱推命の流派について簡単に説明するムッチャいい記事(蔵干・用神)

こんにちは〜アラレです。

私が四柱推命を習おう!と決めた時、四柱推命の流派について、色々悩みました。

でも結局よくわからなかったから、師匠の性格とかキャラで適当に決めちゃいました。

 

私は最初、そもそも流派があることも知らなかったし、さらに「流派によって中身が全然違うから、初めて習う師匠はちゃんと選んだ方がいい」ってことも、習い始めてから知りました。

今日は、これから四柱推命を習おうと思っている人に向けて、流派について私が知っていることを書いていこうと思います。

 

▼こんな人に向けての記事です

  • 四柱推命の流派による違いが気になる人
  • 四柱推命を習いたいけど、よくわからない人

四柱推命になんとなく興味はあるけど、色々な流派についてよくわからない!って人に向けて書いてます。

※ただ、結構専門用語が多いので、過去記事で説明しているものはできるだけリンクを貼っておいたので興味がある人は過去記事もどうぞ!

個別の流派についての記載はありません。

 

流派が違うとここが違う!

  1. 蔵干の出し方
  2. 用神の出し方

 

四柱推命では、蔵干と言って十二支に内蔵(内包?)される十干を出すんですがその蔵干の出し方が多岐に渡っています。

月支から出された蔵干から導き出された通変星を「月支元命」と呼び、その人の性格を表すとされているのですが、その月支元命の出し方が流派によって違うんですよね〜

アラレ
アラレ
そら、全然違う結果になるわ!

ってなもんですよね〜

【四柱推命】命式の見方(蔵干)四柱推命を受けた時って、いろんな漢字であらわされて難しい!そう思ったことありませんか。 今日は四柱推命の命式の簡単な概要に...

蔵干ってなんだ?

蔵干って?

この命式で言うと、「丙」「丙」「甲」「丙」って書いている部分です。

 

蔵干って言うのは簡単に言うと、十二支に内包されている十干のことです。

 

※十干(じゅっかん)がわからない人はこの記事をどうぞ!

【四柱推命】日干って?「自分」をもっと詳しく知ってみようこんにちは。占い師のアラレです。 四柱推命って本当に難しくって、書籍を読んだりしてもよくわかんないことが多いんですよね。 ...

日干についての記事ですが、簡単にいうと同じもので、とりあえず十干です〜

アラレ
アラレ
機会があればまた詳しく書くね!

 

私は昔、「十二支はそれぞれ2〜3つの十干を内包している」って書いたんですが、これも流派によって違っていて、「十二支はそれぞれ1〜3の十干を内包している」とする流派もあります。

例えば、午の蔵干についても

  • 私の流派:「丙」「己」「丁」
  • 他の流派:「丁」のみ

こーんなことが往々にしてあります。

アラレ
アラレ
私も今まではなーんにも考えずに習った通りに推命してきたんですが、いろんな説を勉強していくうちに、「自分で考えて、ベストな推命方法を導き出さねば…」という気になっています。

こうやってそれぞれの推命家が自分が良いと思う方法を模索した結果、今のようにいろんな四柱推命が乱立しちゃったんだろうな〜。

 

なんで蔵干の出し方が流派によって違うの?

元々の推命学書の記述で「蔵干」の考え方が微妙に異なっていたからのようです。

権威ある推命学書って色々あるのですが

  • 玉井奥訣
  • 三命通会
  • 淵海子平

(知らない人も多いと思いますが、これ全部、知ってる人は知っている権威ある推命書です〜)

この中にある蔵干の分率も、ぜーんぶちょっとずつ異なるんですよね。

日本でよく使われているのは「淵海子平(えんかいしへい)」の蔵干分率です。

アラレ
アラレ
って言っても、あまり知られてないのですが淵海子平の蔵干分率も実は2つあるんです〜

 

で、その2つの蔵干分率表のどちらを使っているかでも、蔵干の出し方は違ってきます。

 

厳密にいうと、淵海子平の蔵干分率の考えが2つあるのではなく

淵海子平の考え方では本当は「月支の蔵干」の分率と、「その他の地支の蔵干」の分率が異なっているのにその点はあまり知られておらず、どちらか一つを採用されていることが多い

ということです。

 

アラレ
アラレ
だから最近は、

生まれた日で「はい!この蔵干ね!」ってするんじゃなくて、内包する全ての蔵干全てを書き出した方がいいのかな〜と考えるようになりました。

 

用神ってなんだ?

次に、用神について。

用神についてはまだ過去にも詳しく記事にしたことがありませんでした。

これは、実は「私が用神についてあまり詳しく知らなかったから」です笑

 

そもそも用神ってなに?って感じなんですが

「少しでも幸運な人生を歩むために、あなた(の命式)が必要とする神さま」のことです。

 

アラレ
アラレ
うーん…なんか語弊がありそうな言い方だ!

でも、簡単にいうとまあ、そういうことです。

アラレの語彙力のなさについては置いておいて!

 

四柱推命では、「五行バランスが整っていること」もしくは「一点集中していること」が良しとされています。

 

なので、

  1. 五行バランスを整えるのに必要なもの
  2. あなたが従うべきもの

のどちらかがあなたの用神になります。

 

②は、「命式で一点集中しているものがあれば無理に抗わずに、その五行に流されるように生きれば楽だよ」ということです。そしてそれがあなたの用神になります。

 

用神の決め方がいろいろある

で、流派によってその用神の決め方がいろいろあるんですよ〜

私が知っているものだけで

  • 調候(ちょうこう)用神法
  • 扶抑(ふよく)用神法
  • 病薬(びょうやく)用神法
  • 専旺(せんおう)用神法
  • 通関(つうかん)用神法

と、いろいろあるんですね。

 

アラレ
アラレ
アラレの師匠は「調候用神法」を使ってました。

 

どの方法を使うかで、出てくる用神がちがうんですよ。

私も、いろんな用神法についてそんなに詳しくないのでめっちゃ簡単にですがちょっと説明するとこうなります

 

調候(ちょうこう)用神法

これは、命式五行の四季を整える考え方です。

日干にとって居心地の良い環境を整えてあげるイメージです。

 

私も勉強してから知ったのですが、この用神法を使っていると四柱推命の基本的な考え方である「格局」を出す必要がないんですね〜

だから、私も初めて独自に研究を始めた時に書籍で「格局」について目にした時ハテナがめっちゃいっぱい浮かんできました。

そんなくらい特殊な用神法です。

アラレ
アラレ
「格局」ってなに?っていう疑問についてはまた今度時間がある時に記事にしますね〜

 

扶抑(ふよく)用神法

命式の中で弱すぎるものを扶け(助けるという意味ね)、強すぎるものを抑える。という考え方

 

病薬(びょうやく)用神法

「格局」のキズ(病)となる十干を取り除く考え方

 

専旺(せんおう)用神法

「格局」が「特殊格局」という一つの五行に突出している場合にのみ使われる用神法です。

突出した五行を持っている人はそれにしたがって生きよう!という考え方です。

もしくは、日干が強いのであれば「我が道を行く」のが吉という考え方。

 

通関(つうかん)用神法

これ、私もよくわからないんですが、扶抑用神と同じような考え方みたいです。

 

じゃあどの用神法がいいのよ!?

となるんですが、もはやそれぞれの考え方で決めるしかないんですよね。

私は調候用神法で習ったので、結構季節の話をすると思うんですが、やっぱり格局も無視できないなあ〜と思ってます。

なぜなら、格局で出した自分の性格がめっちゃ当たってたから。

 

回答にはならないのですが、とりあえず全部知って、自分で良いものを決めるのが一番いいんじゃないかな…と思うんです。

知らないと取捨選択できないもんね。

(ただ、初めて四柱推命を習うよって人はスタンダードな「扶抑用神法」を使ってる流派がいいなと今は思います。)

 

でも、最近よくある〇〇流ってやつ、よくわかんないからあんま引っかからない方がいいよ。

あれも、元を辿ればすごい研究した先生が始めたんだろうけど、今教えてるのって表面しか知らないような占い師が多いって印象です。

商業目的で、「お金になれば占いの内容なんてもはやどうでもいい」みたいな人はそういうところにいってもいいかも、だけど

アラレ
アラレ
〇〇流のその人が教えてくれるんならアリだと思うけど、その弟子みたいな人が布教してる四柱推命の教室は私だったら絶対行かないな

と、個人的には思います。怪しい人多すぎ…

 

 

四柱推命は奥が深いなあ〜…というか、わかりにく

今から学ぶなら西洋占星術にするわ。と思ったり思わなかったり…

(でも、理論立てて考えるところは結構たのしいよ!と付け足しておきます笑)

 

ということで。今日はここまで!

アラレ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です