四柱推命

【四柱推命】陰陽説について解説する

こんにちは。占い師のアラレです。(→Twitter

 

今日は、四柱推命の根本的な考え方になっている陰陽説について解説するよ!

アラレ
アラレ
陰陽五行説の、陰陽だけにフォーカスしているよ

陰陽とは?

この世に存在するありとあらゆるものは、陰と陽に分けられるという考え方です。

私たちを取り巻く環境は「2つ」に分けられるよという考え方ですね。

例えば

▼陽⇄陰

  • 右があれば左がある
  • 暖かいものと、冷たいもの
  • 上と下
  • 表と裏
  • 男と女
  • 善と悪
  • 天と地

など、ですね。

この「2つのもの」は、必ず相対するものとされています

 

そもそも、どういう考えから陰陽説ってできたの?

何年前に陰陽説ができたのかという確証はないのですが、何千年も前から陰陽説というのは存在しています。

陰陽説は、古代中国でできた思想なのですが、当時の中国では天文学的知識なんてもんは持ち合わせていないんですよね。

 

人々は

  • 明日、太陽が昇らなかったらどうしよう
  • 雨がずっと降らなかったら…?
  • 逆に、雨がずっとあがらなかったら?
  • 朝がこなかったらどうしよう

こーんな不安を毎日抱いて生きていたわけです。

 

まあ、こんな不安を持つことになった理由は、太陽からの恵みがとんでもなく大きな物だったからなんでしょうね。天気(天候)によっては死んじゃいますから。

 

そんな、古代中国人が自然科学的な知識はないものの、自分達が生きている世界を精一杯理解しようとして

  • 地は不動
  • 天は(仕掛けは分からないけど)動いている

この2つの偉大なものが変化して「四季」や「昼夜」の変化を作っているものという考えができました。

 

昼夜、四季の変化を作り出す仕掛けを「天」と呼び、

それに対して動かない(不動の)「地」を据えて、その間に「人(自分)」があるという世界観を作り出しました。

 

「天」の作用は「地」に及び

「地」はその影響を反映し

「人」はその間で生活する

 

天からもたらされる自然の摂理は冒すべき物ではなく、地と人はそれに従うとされてきました。

このような考え方から、当時の中国の支配者は「天子」と呼ばれました。

支配者は「天」の意思=自然の摂理=それに服従すべき対象 ということですね。

具体的な事象でいうと

陽は力強く、頑固、勢いがある

陰は弱々しく、減衰的、柔軟性がある

と言われているよ〜

陰陽説は五行説と結びついた

この世のあらゆる物は2つに分けられるというのが陰陽説なんだけど、それだけでは言い表せないものも出てきたんですね。

例えば四季。

春夏秋冬って、どうやって陰陽で表そうか?となったワケです。

「陰と陽だけでこの世の全てを表すのは難しそうだ」となり、それに五行説が結びついて「陰陽五行説」になったんですね〜。

 

ということで今日はここまで!

 

アラレ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です