考え方

私が仕事できないのは、私じゃなくてお前らのせい

こんにちは。占い師のアラレです。

私、今の会社に勤めて6年目になるんですが、会社に入ったばっかりの頃って全然仕事ができなかったんですね。

 

「数字残せない営業は無価値」

「もう入って半年も経つのにこんなこともできないのか」

「給料泥棒!」

「こういうことを期待して採用したのに○○(できない)」

 

とかひどいことを散々いわれてきたんですよね。

 

で、毎日そんなことを言われるもんだから、自分でも

「自分って仕事ができないんだあ」

「居る意味あるのかな?」

「こんな自分が給料もらって悪いな…」

とか、いつの間にか思うようになっちゃったんです。

 

私は、会社に入るまでは自分のことを結構強い方だと思って生きて来たから、自分がこんな考えになるなんて…と、失望感というかなんだか分からない気持ちになったのを覚えています。

そして、毎日「仕事に行きたくないな」って思っていました。

 

思えば、入社した頃って本社勤務じゃなくて、地方(大阪)勤務だったんですよ。

大阪勤務でも東京(本社)勤務でも課される営業目標の数字は同じで。

 

大阪営業部はいつも未達成。

私だけが未達成ってワケじゃなかったんですが、上司も「どうすれば達成できるか」よりも「未達成を詰める(怒って追い込む)」ことをするような人でした。

だから、雰囲気も悪くって。

しかも、その上司は大きな案件(数字がつく継続案件)を牛耳っているもんだから、その人だけは達成していて。

 

たまに、「ってか、これって私ができないんじゃなくて、会社の数字の付け方が間違ってない?」って思うんですが

「地方でも東京でも一緒やから。できないやつはそう言って言い訳する。」って言われるし

自分でも半分言い訳って思っていたから「東京の人はやっぱり優秀で、自分なんかがこんな大企業でやっていけるワケなかったんだ」

って思ってたんですね。

 

そして、「もう仕事は辞めよう…」と思いました。

その時の自己肯定感は人生で最低でした。

 

で、結婚するから辞めるってなった時に、「じゃあ、東京(本社)に移してあげるよ!」って言われて。

仕事できない私が東京になんて行ってもできることもないし、いやだ。とは思いましたが、

 

 

「引っ越し代、会社負担やで」

 

 

の一言で、

「じゃあ、お願いします」

ってなって、本社に来ました。

 

働く環境が変わったらどうなったか?

大阪時代と同じように働いているだけで、数字(営業成績)はうなぎ上り。

 

私自身が仕事ができるようになったワケではないのは断言できます。(年次重ねてる分多少、あるかもだけど)

アラレの本業はデジタルマーケティングの営業です。

ネットの広告を売るお仕事です。

 

変わったこと1:市場

地方と東京って企業の持つ予算が桁違いなんです。

大阪の会社のデジタルマーケの予算って良くて数百万円。(てか、30万円〜50万がザラ)

でも、東京のデジタルマーケの予算って、何百、何千万円単位。

 

同じ「広告を売る」って言うのでも、まず金額が全く違う。

大阪時代だったら30万円の売り上げだったものが東京で売れると300万円。

 

変わったこと2:上司

今までの上司は、分からないことを聞いても教えてくれませんでした。

「自分で考えて」

「俺も・私も忙しいから」

「いまだにそんなこと質問して恥ずかしいと思わん?」

って言われるので、そもそも質問すらしなくなりました。

だから答えの出ない仕事を一人で延々とやってました。そうして残業時間も増えました。

 

 

一転、本社の上司は

「なんで聞かないの?」

「部下の質問に答えるのが俺の仕事でもある」

「部下が数字を積むためにフォローするのは当たり前」

「分からないまま進めてミスする方が損失大きいから」

こんな風に言ってくれるもんだから、

 

  • すぐ聞く→すぐ仕事が終わる
  • 受注できそうな案件にはすぐ上司を呼ぶ→契約できる(上司の折衝も見れるので次は自分一人でできるようになる)
  • 案件をたくさん持つ→自分の経験値も上がる

 

こんな感じで良いサイクルが出来上がるんですよね。

 

結果どうなったか

数百人いる営業マンの中で、MVPをとりました。

 

でも、これって私が変わったわけじゃなくて、環境が変わっただけなんですよね。

やってる仕事も一緒だから、適材適所って訳でもなく。

 

私を大阪にいた時から知ってる人は「え?なんであいつが?」って思ってるし、言われたこともあります。

「なんで大阪にいた時に力発揮せーへんかったん?」とか

「え?あの人仕事できないって言われてたよ」とか。笑

 

だから、今「仕事ができない」って散々言われて苦しんでる人も案外、一気にスーパーマンになれるような環境ってあると思うんです。

それがどこにあるのかは、すぐには分からないけれど。

 

イヤなことがあるならすぐに辞めろって言ってるワケじゃないですよ。

 

でも、仕事で悩んで、本当に苦しんでいる人は無理して続ける必要はないんじゃないかなって思っています

だって、環境が変わっただけで「仕事できないお荷物」な私が「数百人いる営業マンのトップセールス」になれたんですから。

 

仕事ができないのは案外、あなたのせいじゃなくて環境のせい

 

そう思うと気楽に生きれません?

 

少し勇気を出すだけで、自分が楽に生きられる環境がどこかにあるということを知って欲しい。

 

もうだめだと思うなら、辞めちゃっていい。

今時、一つの会社だけで人生終える人の方が少ないんですから。

 

今日はここまで

 

アラレ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です