四柱推命

四柱推命とは?簡単にちょっと詳しく解説・説明!

こんにちは。アラレです〜

私の基本占術である「四柱推命」ですが、あまり馴染みのない人も多いのではないでしょうか?

実はすごい占いなんだよってことで四柱推命のことを色々知って欲しくてこの記事を書いています。

この記事はこんな人に向けて書いてるよ!

  • 純粋に四柱推命のことは少し知ってるけど詳しく知りたい
  • 勉強まではしてないけど、興味がある

 

アラレ
アラレ
ではでは、四柱推命とはなんぞや?って言うのを紐解いていくよ

 

四柱推命とは?

約2000年前に中国で生まれた運命学のことです。

 

東洋占星術の中では最高峰の理論と伝統を持っており、最も的中率の高い占いです。

日本だけでなく、中華圏でも人気が高く「占いの帝王」とも呼ばれています。

生まれた年、月、日、時間からその人の性格、能力、素質を理解し、運命までも的確に予想できると言われています。

四柱推命は、あなたが生まれた年、月、日、時間を柱に見立てて推命(運命を推し量ること)します。

どこで出来たの?

四柱推命は、中国でできた占術です。

四柱推命は、中国では「子平推命」とも呼ばれており、その名の通り徐子平という人が四柱推命を現在の形にしたと言われています。

そして徐子平が活躍したのが五代(西暦907〜960)〜宋代(西暦960〜1279)と言われています。※詳細は不明

そして、徐子平が書いた本が「三命消息賦(さんめいしょうそくふ)」です。

 

その後、かの有名な「淵海子平」という本が編纂されます。(四柱推命家の中では知らない人はいないような四柱推命の原書です。)

 

 

そして、江戸時代中期に日本に伝来しました。

この「淵海子平」を和訳した「推命書」を出したのが日本での四柱推命の始まりと言われています。

アラレ
アラレ
四柱推命は、もともと戦に勝つための学問としてできたんだよ~。

 

▼四柱推命の歴史についてもっと詳しい記事はこちら

占いの帝王「四柱推命」はどうやってできたのか?(歴史)こんにちは。アラレです。 私が四柱推命を勉強することにしたのは、四柱推命が「占いの帝王で、最も的中率が高い占い」だって聞いたからな...

 

そして四柱推命だけでなく、あらゆる東洋系占術の基本にあるのが「陰陽・五行」思想です。

陰陽・五行思想と書くと同じ起源だと思われがちなのですがこの2つの起源は異なっていて、最初にできたのが「陰陽説」です。

陰陽説について

陰陽説とは、この世のすべての現象・事物を陰と陽の二元論で説明する古代思想です。

 

アラレ
アラレ
分かりにくいねー。

 

簡単に言うと、陰(かげ)と陽(ひかり)に分けれるよってことです。

 

例えば...

水と言っても

海は陽、雨は陰

植物で言えば

樹木は陽、草花は陰…といった感じ

 

人間でいうと女性は陰で男性は陽です。

陰と陽どちらがいいとかそういう概念はなく、陰と陽のバランスが取れている状態を最良とします。

陰と陽を絵にしたのがこちら。

「太極図」みんな、見たことはあるよね

 

 

 

 

陰・陽と言っても、陰と陽にパカっと別れるのではなく、

勾玉(?)の中の目みたいな部分が、陽の中にも陰があり、陰の中にも陽があるということをあらわしています。

 

五行説について

五行説とは、この世のすべてのものが「木・火・土・金・水」(もく・か・ど・こん・すい)の要素から成り立っているという考えです。

この、木・火・土・金・水というのは、お互い相生(そうじょう)・相剋(そうこく)の関係にあります

 

アラレ
アラレ
もうちょっと簡単に言うと?

 

簡単に言うと、

お互いがお互いにいい影響を与えるか、それともエネルギーを奪い取る関係にあるか。ということ

 

相生(そうじょう)って?

 

「ある五行が、別の五行を生む」という関係です

 

アラレ
アラレ
助ける関係 って感じかな…

 

  • 木は火を生む
  • 火は土を生む
  • 土は金を生む
  • 金は水を生む
  • 水は木を生む

という関係を相生の関係といいます。

大体イメージつきやすいと思いますが、生む方の五行のほうがエネルギーを使います。

(例)

木が火を生む

→木のほうが火よりもエネルギーを使っている

 

相剋(そうこく)って?

ある五行がある五行のエネルギーを奪い取る関係を指します。

四柱推命では、エネルギーを奪い取ることを「剋す」、エネルギーが奪い取られることを「剋される」と表現します。

 

  • 木は土を剋する
  • 土は水を剋する
  • 水は火を剋する
  • 火は金を剋する
  • 金は木を剋する

という関係のことを相剋と言います。

 

剋されるからダメとかじゃないよー

とりあえず「そういうことがあるんだ」ってくらいの認識で覚えてください

例えば木とかって、斧で切られるから木材になっていろんなものになることができますよね。そんなかんじで、剋されて新しいなにかを見つける っていう考えもできるんです。

五行陰陽説って?

もともと、陰陽説と五行説って別の考え方だったんだけど、それを一緒にしたのが五行陰陽説です。

「鄒衍(すうえん)」という人が陰陽説と五行説を結び付けて考えました。

 

上記に挙げた、「木・火・土・金・水」(もく・か・ど・こん・すい)も陰と陽に分けて考えます。

【木】

陽:甲(きのえ)
例)樹木

陰:乙(きのと)
例)草花

 

【火】

陽:丙(ひのえ)
例)太陽

陰:丁(ひのと)
例)人口の火(蝋燭、松明など)

 

【土】

陽:戊(つちのえ)
例)山

陰:己(つちのと)
例)畑

 

【金】

陽:庚(かのえ)
例)鉄、刃物

陰:辛(かのと)
例)宝石、小さな刃物

 

【水】

陽:壬(みずのえ)
例)海、湖

陰:癸(みずのと)
例)雨

 

そして、生年月日をこの十干(と十二支)を使って表してものが命式です。

この命式の陰陽五行の配分・組み合わせを読み解くのが四柱推命です。

 

命式とは?

四柱推命は甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸干支を使って生年月日を西暦から干支暦に直して「命式」というものを作成します。

例えば2019年10月4日 23:00は

己亥 壬酉 甲巳 丙子

(つちのと い)の年

(みずのえ とり)の月

(きのえ み)の日の

(ひのえ ね)の時間

という風にあらわします。

 

命式は万年暦っていう特殊な辞書のようなものを使って出すんですが、いろいろ難しいので、簡単に観たい人は「四柱推命 命式作成」とかでググってみてください。

ネット上で簡易計算して出してくれるサイトがたくさんあります。

 

命式の見方はまた別の機会に書いていきますー

→命式の出し方を記事にしました!

【四柱推命】命式の出し方こんにちは。占い師のアラレです。 四柱推命を自分で見る時(もちろん占い師に観てもらう時ですが)には「命式(めいしき)」というものが...

 

 

今日はここまで

 

アラレでした